高卒認定対策の家庭教師の価格

高卒認定試験の受験対策として家庭教師のシステムが行なわれているのは、大手の会社や個人など様々です。受験生が個別に自分のペースで学習ができるので、家庭教師は非常に便利なシステムだといえるでしょう。デメリットとしてはやはりコスト面が挙げられるかと思います。それでは、一番気になるコスト面について、高卒認定試験の家庭教師システムのある複数社を比較して紹介していきます。なお、ここでは名称は公表しません。
 
A社の場合:60分×4 コマ受講したとして、料金36120円

  • ただし、1日最低でも2コマ以上受講すること
セールスポイント:教師やスタッフらによる徹底したサポート、会社独自の指導法や学習方法がある、生徒のおかれた様々な状況にも柔軟に対応できる。
B社の場合:60分×8コマ受講したとして、料金32000円
  • ただし別途入会金と交通費が必要
セールスポイント:家庭教師の指導方法が優れている、最新の受験情報を提供している、指導教科や回数を状況に応じて変更できる。
C社の場合:4コマ120分 受講したとして、料金30240円
  • ただし別途 入会金20000円、交通費 実費、管理費として毎月3000円必要
  • 4コマ120分と表記しましたが、これは1コマの時間なのか4コマ合わせての時間なのかは明確ではありませんのでご注意ください。
セールスポイント:教師の質が高い、独自のカリキュラムを持っている。 
 
以上、高卒認定試験の受験科目に対応している家庭教師派遣会社3社を比較してみてみました。詳細は受講具合で変わってくる事もあるため、会社名を表記していないので限られた情報になっていますが、費用は3社とも大体同じで月に30000~35000円くらい、年間にすると360000~400000円前後となっています。セールスポイントのほうも、大差はないように感じられます。
やはりコストは高いですが、個別に指導を受けられる自分のペースで学習を進められるというメリットは大きいので、金額に問題なくわかりやすく指導してほしいと感じる人は家庭教師が良いかと思います。
 
コスト面に抵抗のある人は、インターネットを使った個別の学習方法もあります。これは24時間いつでも視聴できるネットを使った家庭教師で、料金も150000円からとなっており派遣の家庭教師の半分以下で指導を受けることができます。
それぞれの利点欠点やコスト面を考えて、自分にあった学習方法を選んで合格をつかみましょう。